細マッチョとプロテイン

プロテインの種類とおすすめ

細マッチョ,プロテイン

 

細マッチョになるのに筋トレとプロテインの併用は必須です。プロテインというのは代表的にはホエイプロテイン、ガセインプロテイン、ソイプロテインの三つがあります。

 

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるたんぱく質のことです。ヨーグルトって何日か置いたりすると、上に液体ができますが、その部分のことをホエイ(乳清)といいます。この液体に含まれるたんぱく質がホエイプロテインです。

 

ホエイプロテインはガセインプロテインとソイプロテインに比べ体への吸収が早いので一般的によく使われています。しかし、摂取しすぎると脂肪に変わると言われています。ホエイプロテインは製法によって、WPC(濃縮膜処理法)、WPI(イオン交換法)、CFM(WPCとWPIのいいとこを取り除く)、WPH(加水分解ペプチド)に分かれます。

 

WPCは一般的によく売られているプロテインで、たんぱく質含有量は70〜80%ほどになります。WPCは乳糖が入っていて、お腹が下しやすくなることが難点です。ですのでお腹を下しやすい方は牛乳では飲まず、水で飲むようにするといいかもしれません。

 

WPC以外の三つの製法には乳糖はほとんど入っていないので、お腹を下しやすい方にはそれらの方がいいかもしれませんが、価格が上がります。

 

筋トレにおいては吸収の早いプロテインが必須ですから、吸収の遅いプロテインであるガセインとソイはあまり向きません。

 

また、海外物のプロテインは安いものが多いですが、送料や関税を含めると日本のものと変わらないことがありますので注意が必要です。日本のもので味を求めるならば、DNS、SAVAS、KENTAIがおすすめです。

 

たんぱく質が多いものや炭水化物が多いものなど種類が豊富ですので、表示をしっかり見て買うことが重要です。安さであればボディウイングはかなりおすすめです。ですが味はそこまで美味しくないので、味か安さかを考えて購入しましょう。

細マッチョのプロテインの飲み方

細マッチョ,プロテイン

 

細マッチョとソフトマッチョ、ゴリマッチョでプロテインの飲み方の違いがあるのか、というと特に違いはないです。ついた脂肪を落とす際には、腹持ちがよいソイプロテインを間食としてはさみ、筋肉からエネルギーを使わないようにします(食事制限をしているときは空腹状態になりやすくエネルギーを筋肉から使おうとします)。

 

しかし基本的にはホエイプロテインでいいでしょう。ソフト、ゴリマッチョの人も筋肉をつけるという意味では同じ行為ですから方法は同じです。筋肉が大きい人も細マッチョの道は通っているわけです。基本的にプロテインの飲むタイミングは朝(エネルギーが枯渇しているため)、トレーニング前、(トレーニング中に筋肉の中のたんぱく質が使われてはもったいないので)、トレーニング後(傷ついた筋肉にいち早く栄養を補給してあげるため)、間食時(空腹時に筋肉からエネルギーを使われないようにするため)、睡眠前(睡眠時には栄養を摂れないため事前に補給)です。

 

筋トレをしているときは胃に負担がかかるのでプロテインは摂取しないようにしましょう。

 

しかし、食事で栄養を摂ることが一番です。筋トレ後などはすぐに肉や卵などのたんぱく質を摂ることが難しいので、そのようなときにプロテインは役に立ちます。正しい筋トレと正しい栄養摂取によっては半年もあれば細マッチョになれるので、知識をしっかり持って頑張りましょう。

メタルマッスルHMBサプリの通販購入はこちら!ガクトも愛用!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのタルマッスルHMBサプリも確認してみてください。